巨福能のお知らせ2011/03/12 17:43

鎌倉市 建長寺方丈(龍王殿) 会場
巨福能 能「葵上」シテ橋岡久太郎
巨福能パンフレット
 鎌倉五山第一位 臨済宗建長寺派 大本山 建長寺の龍王殿(方丈)を会場として巨福能(こふくのう)が5月29日(日)午後2時から開催されます。

 今年のテーマ
  香りで読み解き能で観る「源氏物語」
 諷経 般若心経 僧侶と参加者による読経
 香りで読み解く「葵の巻」
   香り研究家 嶋本静子
 演目は観世流能「葵上」
   シテ 六条御息所の怨霊 橋岡久太郎
    ツレ 照日の巫女  松原章
    ワキ 横川の小聖  安田登
    ワキツレ 大臣   高橋正光
 地謡 岡田晃一 坪内比路之* 荒木亮 小出年彦
  (*比は草冠がつくがフォント無いため比で代用)
 14:00開演  終了16:00頃予定

 会費 自由席  7500円
    ペア券 14000円(二名で)
 発売数 250席 申し込み順 入場
 入場券を見せて入山(建長寺)してください。

 この能の会は寺の方丈を使った能で、江戸時代の屋敷で演じられた能を体感できると思います。
 入場券頒布 4月18日(月)午前9時より
 受付電話番号 建長寺巨福能(こふくのう)係り
   0467-22-0895

 この会の特色として今回は建長汁(けんちんじる)を味わう会を併催しています。建長寺が発祥といわれる[建長汁]と北鎌倉「光泉」の[いなり寿司]を希望者に提供しています。
 予約一席800円  当日一席1000円
 会場:方丈の隣の「応供堂」

 主催:建長寺巨福能の会
 企画制作:大本山建長寺、和の文化「遊山房」、旅川能楽プロ

コメント

_ 阿野丹蒸 ― 2011/04/20 21:44

お世話になっております。

「芘」(草冠に比)は、ためしにAtok2010で手書き入力したら、すぐ出ました。とりあえず、今、コメントを書いている最中は、この白枠内には表示されています。
しかし、Atokを入れていない人にはでないんでしょうか?詳しいことはわかりません。


文字情報は、
音読み:シ
訓読み:むらさき
中略
漢字配当:配当外
漢字水準:第4水準
JIS:(空欄)
区点:(空欄)
Unicode: U+8308
UTF-8: E8 8C 88
シフトJIS:(空欄)
面区点: 2-86-09

通常の変換で出なくて困る字は、私の場合、Atokの手書き入力で、殆ど出ます。先日、「蝉丸」の「蟬」も見つけました。こちらは第3水準です。
ご参考まで。

_ 阿野丹蒸 ― 2011/04/20 21:46

「蝉丸」の「せみ」のほうは、出ないみたいですね。
観世流謡本の表紙は、「蝉」ですから…

_ くにさん ― 2011/04/22 19:47

 ご指摘ありがとうございます。ATOKの古いバージョン入っています。確認してみます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://wazawoki.asablo.jp/blog/2011/03/12/5736983/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。